サイフォンでコーヒーを淹れていた幸せな時間。

サイフォンでコーヒーを淹れていた幸せな時間。

こんにちは。

コーヒーのことを考えながら、
ふと思い出したことがあります。

私がまだ小学生の頃かな…
休日になるとよく両親がサイフォンでコーヒーを淹れていたんです。

コーヒーの香りと、ステレオから流れてくる
フランシス・レイの音楽で目覚めるという

とても力仕事の職人さんの休日とは思えないですけど….

そんなギャップがくすぐったくて、
でもなんだか誇らしくて、
休みの日の朝は、布団の中で心地よく
遅寝を楽しんでいたような気がします。

コーヒーを通して感じる風景です。
私にとっては大事な原風景なんだと思います。

振り返ると
なんて贅沢で幸せな時間を過ごしてきたのでしょうかね。

自分は子育てや仕事に追われて、
そんな気持ちの余裕はなかったですし、
金銭的にも体力的にも一杯一杯でした。

若いので当然といえば当然なことですよね。

でも今になって、
気持ちのゆとりがどんなに大切なことか、
自分にも家族にも必要なことだったように思います。

だんだん「コーヒーを淹れること」は
自分が自分らしくいるために
とても大事なことのように思えてきました。

 

コーヒーを淹れる時間を大切に楽しもうと思います。

 

お越し頂きありがとうございました。

 

ランキングに参加中です。
ご協力頂けますと嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)