私が救われた本~その2~廣瀬裕子さんの本

私が救われた本~その2~廣瀬裕子さんの本

こんばんは♪

私の大切にしている本のことを
書かせてくださいね。

この本に出会ったのは20代の頃。

10代の私は、
理想の自分を追いかけすぎて
自分を自分で追い込んでしまって
心が疲れていました。

20代の自分は、
心と体のバランスを崩してしまいました。

そのことにしっかりと向かい合うことを
決めてから、自分探しを始めました。

自分の直感を信じて行動したり
本を読んだり
自分の好きなことをしたり。

自分らしくいるということを
大事にしてみました。

でも、その20代は、
就職、結婚、出産と
自分の人生の中で次から次へと
環境が変わっていきました。

楽しい毎日なのですが、
生活に追われて、疲れ果ててしまう。

自分らしくいたくても、
なかなか思うようにいかないのです。

理想と現実の中で、どのように
折り合いを付けるかということが
私にはとても難しかったんですよね。^^;

そんな時に出会った本です。
著者は作家の廣瀬裕子さん。

物事の捉え方だったり、
どんなに忙しい毎日でも、
自分らしく生きられるヒントは
身近に沢山あるんだということを
教えてもらいました。

今でも、時々心が疲れてしまったときに
廣瀬裕子さんの言葉に触れると
スッと心が軽くなります。
可愛いいイラストにも癒やされます。

日頃、何となく思っていることも
改めて文章として目にすると
すんなりと心に入ってきて
ちゃんと意識することができるんです。

私の好きな文章を少しだけ
本文よりご紹介しますね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「暮らし方は生き方」

将来、どこで、だれと、どんなふうに
暮らしていきたい?

自分の望んだ暮らしをするのは、
人生にとっては、とても大切。
だって「どう暮らすか」ということは、
「どう生きるか」ということと
同じ意味のことだから。

本来、暮らし方は自分で選べる。
それは、
ー仕事や家族形態、人との関係、
生活リズムや大事にしていきたいものー
を選択した結果、
形になるのが「暮らし」だから。

「こういう暮らしをしてみたいなあ」
そう思うことがあったら、
それを実現するようにしていこう。
思い描いていた暮らしができるのは、
しあわせなことのひとつ。
それに、そういった希望をかなえる力は、
誰もがみんな持っているもの、だから。

「自分らしくいられるための50の小さな約束」より

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

私の救われた本はこちらから♪
自分らしくいられるための50の小さな約束
自分を大切にするための小さなノート
こころに水をやり育てるための50のレッスン

本は、見た目も可愛らしくて、
読みやすくて詩集のようです。
30分ほどで読めて、リフレシュできます。^^

廣瀬裕子さんは、最近では
あたらしいわたし (禅 100のメッセージ)
という本で禅のことも書かれているようで、
今とても気になる本の一つです。
読んだら、またお知らせしますね。

「自分らしく生きる」とは
私にとっては永遠のテーマです。*^^*

 

 

ランキングに参加中です。
ご協力頂けますと嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)